きちんと知ろう!基礎体温の正しい測り方!

妊活を始めるには排卵日をきちんと知ることが何よりも大切です。そしてその排卵日を知るために重要なのが基礎体温。中には基礎体温なんて測ればいいものでは?と思っている人がいるかもしれませんが、それは大間違いです。基礎体温は正しく測ってこそ、正確な排卵日が導き出せるのです。そこで、基礎体温の正しい測り方とグラフの見方について詳しくご紹介しましょう。

そもそも基礎体温って何?

基礎体温は人が必要な最低限のエネルギーを使っている時の体温のことです。そして、その体温が最も安静な状態であるのが寝起き直後になるのです。つまり基礎代謝のみの状態の体温ということになります。普段の体温と異なるのはそのためです。基礎体温には周期があり、排卵期を境に低温期と高温期に分かれます。毎日体温を記録してグラフにすることで生理の周期がわかり、そこから排卵日を予測することができるのです。

基礎体温の正しい測り方

基礎体温は必ず寝起きの布団の中、起き上がる前に寝たまま図ります。少しの動きでも上がってしまうので目が覚めたらあまり動かないようにしてすぐに測れるように手を伸ばせば届くところに体温計を置いておきましょう。基礎体温を測る際のポイントは次の通りです。

・基礎体温計を準備

基礎体温計は発熱時に使う体温計とは異なります。通常の体温計は小数点第一位までしか表示されませんが、基礎体温計は小数点第二位まで表示されます。実は低温期と高温期の温度差はごくわずかなので小数点第二位まで測る必要があるのです。

・ほぼ同じ時刻に測る

正確な結果を得るためには毎日ほぼ同じ時刻に測ることが大切です。もちろん、同じ時間に測れないこともあるかもしれませんが、たとえずれたとしても必ず起きてすぐ、布団の中で測りましょう。

・舌の裏

基礎体温は脇ではなく口で測ります。ただし舌の上ではなく裏側に当てます。裏側の根本にしっかりと当て、口を閉じてできるだけ空気を遮断しましょう。舌の上と裏では0.1度の誤差がでることもあるので注意しましょう。

・布団の中で

目覚めたままの状態で起き上がったり寝返りをする前に測ります。ちょっとした動きでも微妙に体温が上がりますのでくれぐれも安静に状態で測ることが重要です。

・飲み過ぎと睡眠不足

アルコールを多量に摂取したり、寝不足の場合、基礎体温に影響を及ぼすことがあります。正しく排卵日を知るためには、妊活中は飲酒を控え、十分睡眠時間をとることが大切です。

基礎体温表のグラフの見方

毎日の体温を記録していくと折れ線グラフになります。これを基礎体温表といい、きちんと排卵があれば、高温期と低温期にわかれていることがわかるはずです。一般的には36.7度を基準に考え、これより低いか高いかで判断します。低温期の中で最も基礎体温が低い日は排卵直前を表し、この日の前後が妊娠しやすい時期になります。また、高温期が2週間続けばそろそろ生理がくるという予想も立てられます。そして、そのまま高温期が続いた場合は妊娠していると考えられます。

このように正しく基礎体温を測ることで多くのことがわかります。妊娠に関することだけではなく体の異常を発見することもできるので、一度測ってみてはいかがでしょうか。