めざせ妊娠!着床期間の過ごし方とは?

body_cell_juseiran1「着床」とは、受精卵が子宮内膜に根付くことをいいます。よい妊娠ができるかどうかは、この着床にかかっていると言っても過言ではありません。卵巣から排卵された卵子が卵管を移動する際、精子と運命の出会いを果たし、受精卵となって細胞分裂を繰り返しながら子宮に到着します。ここまでくるのに10日ほどかかります。その後、子宮内に浮かびながら受精卵が成熟したタイミングを見計らって子宮内膜に着床するのです。うまく着床させるためには、この受精から着床の間の過ごし方が大切です。そこで、着床しやすい体づくりについてご紹介しましょう。

■ 着床できない原因ってあるの?

そもそも卵子と精子がうまく出会わなければ着床も何もありませんが、もし、授精はできているのに着床ではない場合には何らかの原因があるのかもしれません。まず、卵子の質。卵子の質が低下していると、受精卵の細胞分裂がすすまず、成長できないため、着床もできなくなります。つまり、受精卵に着床する力がないのです。また、受精卵は十分育っていても、着床させる側の子宮内膜が受け入れ状態になっていない可能性もあります。他にも女性ホルモンの分泌の問題や子宮筋腫、子宮の異常などが考えられます。これらは「着床障害」と呼ばれ、妊娠するうえの大きな壁となってしまいます。心配な時は一度病院を受診し、子宮に異常がないか、女性ホルモンの分泌の状態などを調べてもらうとよいでしょう。

■ 着床期間の過ごし方

着床は目に見えるものではありませんが、排卵の時期がわかれば、着床の時期もだいたいわかります。ですから、着床しやすくするための過ごし方を知っておくことは大切です。

・身体を冷やさない

身体が冷えると子宮の血行も悪くなり、着床しにくくなります。できるだけ身体を温めるのがおすすめです。

・運動

軽いウォーキングやストレッチなどの有酸素運動をすることで血のめぐりがよくなります。子宮内膜の血流量が増え、着床しやすい状態になります。

・食事

バランスのよい食事を心掛け、長ネギやしょうがなど、体を温める食材を積極的に摂りましょう。血液をサラサラにしてくれる青魚や玉ねぎなどもおすすめです。

■ 着床の妨げになること

反対にせっかく受精した受精卵が着床するのを妨げる生活習慣もあります。

・喫煙

タバコは血管を収縮させるため、血流が悪くなり、着床を妨げます。

・アルコール

少量なら問題ありませんが、過度な飲酒は肝臓の機能を低下させ血流障害を招きます。

・ストレス

ストレスはスムーズな排卵を阻害するだけできなく、血行を悪くして、着床しくくします。

着床期間はこれらのことに注意して過ごすことも大切ですが、その時だけではなく、やはり普段から規則正しい生活をすることがとても重要です。毎月、定期的に生理がきていて、基礎体温のグラフも正常なのになかなか妊娠できない場合は、もしかしたら着床障害が起こっているのかもしれません。きちんと排卵が行われているかを確認するためにも、一度婦人科を受診してみましょう。