ルイボスティーが子宮内膜をフカフカにして着床率アップ!!

妊活中に積極的に食べたり飲んだりすることを勧められているものはたくさんありますが、実は妊活している人のほとんどが飲んでいるお茶があります。それは「ルイボスティー」。名前を聞いたことがあるという人も多いと思いますが、ルイボスティーは妊娠にとてもよい影響を与えてくれるのです。そこで、ルイボスティーがなぜ妊活に向いているのか、どのような作用があるのか詳しく見ていきましょう。

妊娠の敵は活性酸素

なかなか妊娠しない場合、加齢やホルモン分泌の機能不全、またそれらに当てはまらない時には原因不明と診断されることもあります。ホルモン剤など、何らかの投薬治療が行われることもありますが、実は排卵から着床には活性酸素が大きく関わっていることがわかっています。活性酸素は悪者のように扱われていますが、本当は排卵にも妊娠準備にも必要なものなのです。バランスがとれている時はよいのですが、活性酸素は加齢やストレスで量のバランスを崩してしまうと、途端に酸化を促進し、卵巣や子宮の老化を早め、妊娠しにくい体にしてしまうというわけです。

ルイボスティーの効果

メディアでも妊娠に関係なくルイボスティーをおすすめしています。ルイボスティーを飲むことで期待できる効果は以下の通りです。

・SODが活性酸素を除去

・冷え性の改善

・血管を若返らせる

・生殖器機能を向上

・ストレス軽減

これらを見るとわかりますが、どれも妊娠しやすい身体づくりに欠かせない作用だといえますね。

「SOD」と「Tie2」

SODは体内酵素の1つで体内でしか作ることができない「スーパーオキシドディスムターゼ」という活性酸素分解酵素です。若い時にはこの酵素が十分ありますが、加齢と共に減少していきます。SODは活性酸素を除去する作用を持っていますが、減ってしまうことで活性酸素が増え、老化を招いてしまうのです。当然ですが老化は卵巣や子宮にも及びますので妊娠力が低下し、だんだんと妊娠しにくくなるというわけです。そして、Tie2(タイツ―)は、毛細血管にある細胞のこと。活性化することで血管を元気にして老化を防ぎ、再生や安定をもたらします。血行不良による冷えは、不妊を招くといわれており、たかが冷え症と侮ってはいけない症状です。血管を丈夫にすることで血液の循環がよくなり、冷えを改善してくれるのがTie2なのです。また、Tie2の活性化は、体の機能不全にも作用するため、生殖器機能の向上も期待できます。

ノンカフェインでミネラルと亜鉛が豊富

カフェインを含むお茶が多い中、ルイボスティーはノンカフェインなところが特徴です。特にカフェインは控えるように言われている妊娠中でも安心して飲めるお茶として多くの妊婦さんも飲んでいます。もちろん寝る前に飲んでも睡眠を妨げる心配もありません。さらにルイボスティーは胎児が育つためのミネラル、卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの働きを高める亜鉛を豊富に含んでいるところも魅力です。特に亜鉛は排卵をスムーズにして、子宮内膜をフカフカにする作用があるため、着床しやすくなるという効果が期待できます。

ルイボスティーの選び方とおすすめの飲み方

ルイボスティーなら何でもよいというわけではありません。質の良いものを選ぶことで高い効果が期待できます。価格はピンキリですが、無農薬のオーガニックのものがよいでしょう。コスパも気になりますが、口にするものなので安いものに飛びつくのは避けたいところです。また。ルイボスティーできるだけ濃く煮出すこと。1リットルの水に10~15gほどの茶葉を20分ほど煮出すことをおすすめします。そして、冷蔵庫で冷やさずに常温のまま飲みましょう。