妊娠しやすい身体は毎日の食事で作る!

syokuji_woman「食生活の改善」は妊活中の女性にとって大切なことの1つです。実は毎日の食生活を少し見直したり、気をつけたりするだけで妊娠しやすい身体に近づけることができるのです。もちろん、それだけですぐに妊娠できるわけではありませんが、妊活としては重要な要素です。しかも、食事は毎日のことなので比較的取り組みやすいでしょう。そこで、妊娠と食生活について詳しくみていきましょう。

  • 妊活と食事

妊娠に限らず、人間にとって食事は生命を維持していくために欠かせません。けれども、バランスの悪い偏った食生活は、さまざまな身体の異常を招いたり、病気につながる危険を伴います。必要な栄養をしっかりと摂取できない場合、生理不順や冷えなどの妊娠を妨げる原因を招いてしまうのです。

  • 妊活中の食事で注意することは?

では、具体的にどのような点に気をつければよいのか詳しくご説明しましょう。

・1食に2たんぱく質

身体を作る主要な栄養素は脂質、糖質、たんぱく質ですが、中でもたんぱく質は筋肉や皮膚、髪などの他、ホルモンの分泌にも深く関わっています。また、胎児の成長にも欠かせない成分です。たんぱく質は比較的多くの食品から摂取することが可能ですが、やはり意識的により多くのたんぱく質が含まれている食品を選んで毎日の食事に取り入れたいところですね。具体的には1回の食事に2種類以上のたんぱく質を入れるのが理想なので、たとえば、肉や魚などをメインに豆腐や卵、大豆製品を副菜に取り入れるようにしましょう。

・亜鉛、鉄分、葉酸

鉄分、亜鉛、葉酸は、普段から不足しがちな栄養素ですが、実は妊娠を望んでいる人には是非摂取してほしい成分です。鉄分は子宮の環境を整える働きを持ち、亜鉛は女性ホルモンの分泌を促進してくれます。そして、葉酸は胎児の脳の発達をサポートしてくれます。妊娠前はもちろん、妊娠してからは特に多く摂りたい成分です。鉄分が多く含まれる食品はほうれん草やレバー、しじみなど、亜鉛はカキ、鮭、牛肉、豚肉、卵黄など、葉酸はレバー、ブロッコリー、アボカド、キウイなどです。葉酸は肉や魚と一緒に摂取することで吸収力がアップしますが、摂りにくい場合や十分な葉酸を摂取するには、葉酸サプリを利用するのも1つの方法です。

・糖質の摂りすぎに注意

ごはんやパン、麺類に含まれる糖質は身体に吸収されやすく、血糖値を上げる作用があります。そのため、過剰摂取は肥満を招いたり、ホルモンバランスを崩してしまいます。できるだけ、摂取を控え、白米を玄米に変えたり、お菓子などの間食を控えるようにしましょう。

・よく噛んで食べる

しっかりとよく噛んで食べることで、神経伝達物質「セロトニン」が分泌されます。セロトニンは精神を安定させ、心地よい睡眠を促してくれます。妊活の大敵であるストレスやイライラ、不安を高めないようにリズムよく噛んで食べるとよいでしょう。

  • 妊活中に控えたい食品

積極的に摂りたい栄養素がある反面、できるだけ避けたい食品もあります。

・身体を冷やす食品

身体が冷えると子宮や卵巣にも冷えが伝わり、妊娠しにくくなります。暑いからといってアイスクリームや冷たい飲み物ばかり摂っていると必然的に身体が冷えてしまいます。妊活中は暑くてもできるだけ、冷たいものを避け、常温の飲み物や温かい食事を心がけましょう。

・飲み過ぎ、食べ過ぎはNG

暴飲暴食は不要な熱や水分が身体に溜まってしまい、血流が悪くなり、妊娠の妨げになります。また、食べ過ぎによって胃腸が疲れると、栄養を運ぶ力が弱まります。