不妊でも自然妊娠を諦めないための妊活ガイド

妊娠に効果あり!葉酸っていつから飲めばいいの?

    

taiji葉酸が妊娠に高い効果をもたらすことは、ここ数年で広く浸透してきました。卵巣の機能を改善し、元気な卵子を排出、さらに子宮の状態をよくして受精卵が着床しやすくしてくれる葉酸。妊娠したい人にとって、ぜひ摂取したい成分ですが、飲み始める時期について迷う人もいる多いようです。妊娠したいと思った時に慌てて摂り始めても効果があるのか、妊娠の予定がない頃から摂り始めるのがよいのか、葉酸のおすすめの摂取方法について詳しくみていきましょう。

 

  • 葉酸とは

葉酸はほうれん草の葉っぱから抽出されたものです。葉酸の漢字を見てもわかるように「葉」と「酸」でできています。たんぱく質や核酸の合成をサポートし、「造血ビタミン」と呼ばれているように赤血球の形成にも深く関わっています。また、動脈硬化の原因となるアミノ酸「ホモシステイン」の血中濃度を下げる働きもあります。胎児の発育の面では、細胞分裂を促進する作用によって受精卵を成長させるという大切な働きも持っています。そのため、できれば妊婦は1日に440ug、授乳期でも340ugの葉酸を摂取することが推奨されているのです。

 

  • いつから葉酸を摂取すればいいの?

葉酸は妊娠だけではなくさまざまなよい効果が期待できるため、普段から摂取するのがおすすめですが、厚生省では妊娠の1ヵ月以上前から摂ることを推奨しています。ただし、これは「最低でも」ということなので、女性はできるだけ早く摂り始めるのが賢明です。妊娠がわかった時点ではすでにDNAが形成されています。つまり、最も葉酸を必要としている時期を過ぎてしまっているのです。ですから、数ヵ月前から摂取しておくと安心です。だからといって、妊娠がわかった後に葉酸を摂ることが意味がないわけではありません。妊娠してからも3ヵ月くらいまでは胎児の成長にとって葉酸が高い効果を発揮するため、流産や障害のリスクを抑えてくれますよ。

 

  • 1日の摂取量は?

妊娠を望んでいる場合は、1日400ugは摂りたいところです。ほうれん草なら2束が目安。ただし、葉酸は水溶性ビタミンなので加熱によって破壊されることを見越して、400ug摂るには4束必要になりますが、普段の食事でほうれん草を4束食べるのは難しいのが現状です。そこで葉酸サプリ。食事を気にせず、気軽に葉酸をきちんと摂りたいなら断然サプリメントがおすすめです。そして、飲むタイミングは吸収率がアップする食後がよいでしょう。