不妊でも自然妊娠を諦めないための妊活ガイド

妊娠糖尿病が増加中!母体と胎児への影響は?

    

妊娠中に見られるトラブルに「妊娠糖尿病」があります。2010年から診断基準が厳しくなり、その患者数が年々増加しているようです。しかも、母体や胎児にも悪影響があるとなると放ってはおけません。そこで、妊娠糖尿病とはいったいどのようなものなのか、その予防法や診断された時の対処法について詳しく見ていきましょう。

 

妊娠糖尿病とは

一般的な糖尿病でなく、妊娠したことにより糖の代謝が異常になるもので、一時的なものとして判断されます。一般的な糖尿病に至らない程度の軽度の症状がほとんどです。ただし、妊娠前から糖尿病の人は妊娠により、ひどくなる場合もあるようです。原因は胎盤から出るホルモンがインスリンの機能を低下させるためであり、これによって血糖値のコントロールがうまくいかなくなるのです。遺伝や肥満、高齢出産の人がなりやすいといわれています。発症率は約12%。それまで全く糖尿病とは無縁だった人でもなり得る病気です。軽いものが多く、産後は症状が治まる場合がほとんどですが、中にはそのまま糖尿病を発症することもあります。

 

妊娠糖尿病の症状

自覚症状はほとんどありません。喉がかわいたり、頻尿になることもありますが、これらは妊娠時に見られる症状なので特に気にしない人が多いようです。妊婦健診の血液検査で初めて発覚するケースがほとんどです。

 

母体や胎児に与える影響

軽度とはいえ糖尿病なので母体や胎児にもさまざまな影響を及ぼします。血糖値が上がることで流産や早産、さらには妊娠高血圧症候群、血管障害からくる胎児発育不全、胎児機能不全などが考えられます。重度になると胎児が死亡することもあります。また、胎盤から栄養をもらう胎児も高血糖になりやすく、そうなった場合には先天奇形や高ビリルビン血症、羊水過多、代謝異常を招く恐れもあるのです。さらに胎児が大きくなり難産になることもあります。そして、妊娠糖尿病の母親から生まれた赤ちゃんは新生児低血糖を引き起こすケースもあるようです。

 

妊娠糖尿病の診断方法

妊婦健診の際に血液検査を行い、妊娠初期で血糖値が100mg/dl以上なら妊娠糖尿病が疑われます。疑いがある場合、75g経口ブドウ糖負荷試験を実施し、血糖値の変化を調べるのが一般的です。

 

妊娠糖尿病の治療法

血糖を管理しつつ食事療法やインスリン療法で対応します。毎食後、血糖値を測定し、摂取カロリー決めて1日6~7回に分けて食事を摂り、血糖値が急激に上がるのを抑えます。それでも効果が見られない場合はインスリン注射を投与して血糖値をコントロールします。ただし、重度の場合には入院して血糖値の管理を行うことになります。症状にもよりますが、3日から1週間程度入院するのが普通です。食事療法とインスリン療法で血糖値を正常に戻します。

 

自分でできる対処法

・食事療法

糖分を減らして栄養バランスのよい食事を心がけ、炭水化物の摂取量を抑えます。1日の摂取カロリーを決めてその範囲内で数回に分けて食事を摂ります。

 

・運動療法

食後に30分ほどウォーキングするのがおすすめです。マタニティヨガやマタニティスイミングなど、妊婦向けの軽い運動を取り入れます。くれぐれも激しい運動で無理をしないようにしましょう。

 

産後の注意点

妊娠中に妊娠糖尿病と診断されてもその多くは産後に胎盤が排出されると自然に治っていきます。必ず血糖値の検査をして戻っていることを確認しましょう。一度発症した人は将来糖尿病にりやすいという報告もあるので、定期的に検査を行い、普段から食事に注意したり、軽い運動を心がけることが予防につながります。