不妊でも自然妊娠を諦めないための妊活ガイド

妊活にはコレ!よもぎ蒸しで子宮がポカポカ!

    

なかなか妊娠しにくい原因の1つに「冷え」があります。皮下脂肪が多い女性はどうしても冷え性になりやすく、それが不妊を招く場合もあるのです。そして、冷えは子宮まで冷やしてしまうため、妊娠しづらくなってしまうというわけです。そこで子宮を温めて妊娠しやすい環境を作ると期待されているのが“よもぎ蒸し”。数年前から注目を集めているよもぎ蒸しは冷えの改善はもちろん、妊娠しやすい子宮に導いてくれると言われています。今回はそんなよもぎ蒸しとは何か、またどうして妊娠と関わってくるのかについて詳しくみていきましょう。

 

よもぎ蒸しの歴史は?

韓国で600年以上も前から伝わる民間療法です。もともとは「産後の肥立ち」によいということで行われていました。産後の肥立ちとは出産後の女性の身体が元の状態に回復しようとすることで、たとえば、子宮や膣の収縮、子宮内に残った胎盤や血液の排出などです。そして、これらの回復には子宮を温めることが非常に効果があることから、よもぎ蒸しが広く広がっていったというわけです。日本では切り傷やすり傷、下痢に効果が期待できるとして古くから民間療法としてよもぎが利用されてきました。他にも入浴剤代わりにしたり、お灸にも使われていたようです。

 

よもぎ蒸しの方法

蒸気が出る専用の椅子に座り、椅子ごと首からすっぽりとマントで包み込み、よもぎなど数十種類の薬草を蒸した蒸気を下から当てます。皮膚や粘膜から有効成分を吸収し、身体の芯までしっかり温めます。これにより、血行がよくなり、汗もたくさんかくので新陳代謝があがり、気分がスッキリするのはもちろん、顔は出しているため、サウナのように息苦しくなることありません。

 

冷えと不妊の関係

不妊の原因の1つに冷えがあげられます。体が冷えることと妊娠にはどのような関係があるのでしょうか。

 

・卵子が育ちにくい

人は身体が冷えると生命の危機を感じ取り、心臓や内臓に血液を集中させようとします。するとどうしても卵巣の血液量が少なくなってしまい、卵子が育ちにくくなるのです。

 

・受精卵が着床しにくい

本来は血液がたっぷり通っている子宮ですが、冷え性の人は子宮が硬くなり、その働きも弱くなってしまうのです。子宮の機能が弱ると受精卵が着床しづらくなったり、流産のリスクも高まってしまうというわけです。

 

・女性ホルモン分泌の低下

女性は毎月の月経や排卵などの要因がホルモンの分泌に大きな影響を及ぼします。女性ホルモンの乱れは身体にさまざまな悪影響があると言われていますが、その中に血行不良からくる冷えがあります。そして、冷えによって妊娠に関わる黄体ホルモンの分泌が低下してしまうのです。黄体ホルモンには受精卵を着床させたり、妊娠を維持させるという働きがありますが、十分分泌されないために妊娠しにくくなるのはもちろん、流産のリスクも高まってしまいます。

 

よもぎ蒸しの効果

身体の芯を温めて粘膜から成分を吸収するよもぎ蒸しで得られる効果はいろいろあります。

 

・身体を芯から温める

下半身から身体の芯、つまり子宮や内臓器官をしっかりと温めることができるので子宮をポカポカにして妊娠しやすい環境を作ってくれます。妊娠中の場合は冷えはもちろん、むくみ、足の付け根の痛みなどの改善も期待できます。

 

・産後の肥立ち

産後の場合は、出産で緩んだ子宮や膣を収縮させたり、卵巣機能を回復させる作用があると言われています。産後によもぎ蒸しをすると下腹部の血液循環が促進され、溜まっていた悪露が早く排出できることもあるようです。

 

・ホルモンバランスの調整

よもぎに含まれる「βカリオフィレン」という匂い成分が女性ホルモンに作用し、月経前症候群や更年期障害の症状を緩和してくれます。さらにこの香りには産後のうつ、マタニティブルーを和らげる効果もあるといわれています。

 

 

妊活中はどうしても「早く妊娠したい」「妊娠しなければ…」という気持ちが強くなり、それがストレスにつながることも多いのが現状です。よもぎ蒸しには身体の芯から温まることで大きなリラックス効果が得られます。ストレスを発散させることはとても大切なこと。まずは冷えを改善して、子宮をポカポカにして妊娠しやすい環境を整えてあげましょう。