不妊でも自然妊娠を諦めないための妊活ガイド

妊活には漢方!おすすめの3つの漢方はこれ!

    

kanpou不妊治療に漢方を利用することは珍しいことではありません。雑誌やネット情報、書籍でもよく見かけるはずです。けれども、漢方は即効性がなく、体質改善を目的としてじわじわと効いてくるため、本当に有効なのかと不安に思う人も多いかもしれません。そこで、漢方の効果、漢方を使った治療法、妊活におすすめの漢方などについて詳しく見ていきましょう。

漢方の効果

漢方は体質を改善することを目的に妊活に取り組む方法です。不妊の原因ははっきりとわからないことも多いため、漢方を利用して妊活する人もたくさんいます。不妊の原因は子宮や卵巣に問題があるというケースに限らないことから、身体全体のコンディションを整えることで健康に導き、さらには妊娠しやすい身体に近づけようという考えです。漢方で期待できる効果としては、血行の促進、冷えの改善、ストレスの緩和など。ですから、卵巣や子宮に直接アプローチするわけではありません。

 

漢方のメリット

漢方による妊活がおすすめの理由はいくつかあります。

・身体への負担少

不妊治療ではさまざまな医薬品が使われますが、どんなに体に優しい薬でも必ず副作用があります。それに対して自然の生薬を使った漢方は身体への負担が少なく、安心して口に入れられるのです。

 

・体質から根本的な改善

薬は即効性がありますが、持続性という面では漢方にはかなわないでしょう。漢方は少しずつ体質から根本的に改善していく作用があるので、長い目でみれば多少費用がかかっても漢方で根本から改善することが大切です。

 

・一人ひとりに合わせたオーダーメイド

同じような症状でも体質や状態によって配合する漢方薬を変えられるところがメリットです。そのため、体質に合っていれば大きな効果も期待できるのです。

 

 

漢方と薬物による不妊治療は併用OK

不妊治療では排卵誘発剤や卵巣機能を改善するために薬物による治療を行います。漢方との併用を不安に思う人もいるかもしれませんが、薬による副作用緩和のために漢方を処方される場合もあるのでこれらの併用はOKです。ただし、自分で勝手に漢方を取り入れるのは危険です。必ず医師と相談して安全な漢方を取り入れましょう。

 

 

妊活におすすめの漢方3選

・十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)、六味地黄丸(ろくみじおうがん)

卵巣機能の低下による卵巣機能不全や卵子の質の低下などに効果が期待できます。

 

・当帰芍薬散 (とうきしゃくやくさん)

妊娠体質に導くと言われる漢方です。虚弱体質や疲れやすい体質、貧血などの症状に処方されます。身体を温めて血行をよくして、子宮や卵巣に送る血液を増やしてくれます。流産防止や月経不順の改善が期待できます。

 

・当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)

不妊の大敵「冷え」対策におすすめです。冷えによって血流が悪くなると子宮や卵巣に十分な酸素や栄養が行き届かず妊娠力が大幅に低下します。手足の先まで血液を巡らせるので月経痛の緩和にもつながります。