不妊でも自然妊娠を諦めないための妊活ガイド

妊活中でも禁酒したくない人必見!飲酒と不妊の関係とは?

    

no_drink_woman妊娠がわかると同時に禁酒する人は多いようですね。けれども、アルコール好きな人にとってはかなり辛いことかもしれません。まして旦那様が隣で飲もうものならイライラしてストレスが溜まるはずです。アルコールが胎児に悪影響を及ぼすことはわかりますが、妊活中でもNGだと言われる理由についてはあまりよく知らない人も多いのではないでしょうか。理由がはっきりとわかれば納得して禁酒できるかもしれませんね。では詳しく見ていきましょう。

 

飲酒と不妊の関係

現在のところ、アルコール摂取と不妊の因果関係ははっきりとは解明されていません。けれども、不妊と飲酒の関係に関する研究では、飲酒が不妊を増加させるというデータ結果も出ているのです。

 

飲酒はどうして妊活によくないの?

妊娠に関係なくアルコールの摂りすぎは体によくないと言われていますが、なぜよくないのかきちんと理解している人は少ないのかもしれませんね。身体に入ったアルコールは異物と認識され、胃や腸からへと送られます。そして分解されるのですが、その際に大量に発生するのが活性酸素。名前だけはよく耳にしていると思いますが、活性酸素自体は日々体内で作られていて、細菌やウイルスを退治してくれる働きを持っています。ですから決して悪いものではないのですが、その量が問題なのです。飲酒によって大量に発生した活性酸素は健康な細胞を攻撃し酸化によって老化させてしまいます。そして、活性酸素の大量発生により、もともと人間の身体に備わっている酸化を防ぐ機能とのバランスが崩れてしまうというわけです。このバランスが崩れた状態を「酸化ストレス」と呼び、これが妊娠を妨げ、不妊を招くと言われています。本来は排卵や卵子の熟成に必要な活性酸素ですが、酸化ストレスを起こすと卵子の成長を阻害し、卵子の質を低下させてしまうのです。卵子の質が低下すると授精しにくくなるのはもちろん、正常な受精卵ができなくなる可能性もあります。授精できるかどうかは、卵子の質にかかっているという産科医もいるくらいなので、いかに重要なことかがわかると思います。

 

すべてのアルコールがダメなわけではない?red_wine

大量の飲酒が不妊を招く可能性があることはわかりましたが、普段から飲酒している人にとっては禁酒すること自体が大きなストレスになるかもしれません。けれども、中には例外もあるようです。実はアルコールの中でも飲んでも問題がない、むしろおすすめだと言われているのが「赤ワイン」その理由は「ポリフェノール」がたくさん含まれているからです。ポリフェノールには活性酸素を除去したり、発生自体を抑制する作用があるだけではなく、ナント妊娠を促進する効果もあるのです。ですから、お酒を飲むならたしなむ程度にして、どうせなら妊活によい効果が期待できる赤ワインがおすすめです。ビール派の人は妊活中だけでも赤ワイン派に転向してみてくださいね。