寝る子は妊娠する!?妊娠しやすい時間帯とは?

suimin_woman質のよい眠りは健康を保つ上でとても重要です。まして妊活中ならなおさら十分な睡眠と最適な時間帯にしっかりと寝ることが大切になります。ただし、ただたくさん寝ることがよいというわけではありません。寝る時間帯や睡眠時間など、少し気を付けることでグンと妊娠を近づけることができるのです。そこで、睡眠と妊娠しやすさの関係や妊活中に適した睡眠時間などについて詳しくご説明しましょう。

  • 睡眠と妊娠

睡眠には浅い眠りの「レム睡眠」と深い眠りの「ノンレム睡眠」があります。就寝直後はノンレム睡眠から入り、約90分ごとにレム睡眠と交互に繰り返されます。レム睡眠の間は、体は休んでいても脳は動いている状態で、ノンレム睡眠の間は体も脳も休んでいる状態です。そして、妊娠と密接な関係があると言われているのがノンレム睡眠。それは、ノンレム睡眠の間は成長ホルモンが分泌されるからです。成長ホルモンには、他のホルモンの分泌を調整する働きがあり、妊娠と関係が深い女性ホルモンの分泌にも影響を及ぼすのです。妊娠しやすい体を作るためには、女性ホルモンが正常に分泌されることが必須条件となります。また、体にとって敵である活性酸素は卵子を攻撃するのですが、睡眠時に分泌される「睡眠ホルモン」には活性酸素を抑える働きがあることがわかっています。そのため、しっかりと睡眠しなければ、睡眠ホルモンが分泌されず、卵子の熟成が阻害される可能性もあるのです。

  • 最適な睡眠時間とは?

妊活のためにはただ寝るだけではなく、最適な睡眠時間を目安にするのがおすすめです。よく言われているのは、レム睡眠とノンレム睡眠の90分のサイクルに合わせて、90分の倍数。つまり、6時間、7時間半などです。眠りが浅いレム睡眠の時に起きるとスムーズに起きられることから、寝始める時間を計算している人もいるようです。ただし、最適な睡眠時間は人によってさまざまなので、自分が最も熟睡感があり、朝もスッキリと起きられる睡眠時間を見つけることが重要です。

  • 最適な時間帯とは?

睡眠時間も大切ですが、どの時間帯に寝るのかも重要です。睡眠には成長ホルモンが活発に分泌される「ゴールデンタイム」があり、それは22時から2時の間だと言われています。この時間帯はしっかりと睡眠をとることが大切です。睡眠時間が短い場合でもこの時間だけはなるべく眠るようにするとよいでしょう。

  • よい睡眠のためにできること

成長ホルモンを活発に分泌させるためには睡眠時間と時間帯が重要ですが、さらに質のよい眠りのためにできることを取り入れることも大切です。まず夕食は寝る2時間前までには済ませておくこと。食べてすぐに寝ると胃腸が活発に働くため、眠りが浅くなるからです。そして、入浴もできるだけ寝る1時間前までに済ませること。入浴は交感神経を刺激するため、神経が興奮してなかなか眠りにつけないからです。ただし、ぬるめのお湯での半身浴は副交感神経を刺激して気持ちを落ち着かせてくれるのでおすすめです。