不妊でも自然妊娠を諦めないための妊活ガイド

焦ってはダメ!?妊娠検査薬のベストタイミングは?

    

生理が遅れて「もしかして…」と思った時、すぐにでも妊娠しているかどうか知りたいのは当然です。それが妊活中ならなおさらでしょう。中には焦るあまり説明書をきちんと読まずにいきなり検査をしている人も少なくないようです。けれども、それでは正しい検査ができているとはいえません。妊娠検査薬は正しく使ってこそ正確な結果が得られるはず。そこで、妊娠検査薬を使用する時に注意してほしいことやベストなタイミングについて詳しく見ていきましょう。

 

妊娠検査薬とは?

そもそも妊娠検査薬はどうやって妊娠したことを感知しているのか。尿をかけて調べることはわかっていてもそのしくみを詳しく知っている人は少ないでしょう。女性は妊娠すると「HCG」という黄体ホルモンを大量に分泌し、妊娠検査薬はこのホルモンに反応するのです。商品によって反応する値が違っており、少ない量でも陽性になるタイプもあります。一般的には尿中に50mIU/ml以上のHCGが含まれている場合に陽性になるものが多いようです。

 

妊娠検査薬が陽性の時はどんな時?

検査薬で陽性が出る時とはいったいどのような場合なのでしょうか。正常な妊娠、子宮外妊娠、流産や中絶直後、ホルモン治療中、卵巣がんなどの場合、陽性反応が見られます。つまり、正常な妊娠以外の時も陽性の反応が出ることもあるので注意が必要なのです。

 

妊娠検査薬を使うベストなタイミングは?

検査薬の箱には「生理開始予定日の1週間後以降」との記載があります。これは個人差を考慮して設定されているタイミングなのでこれよりも前に反応が出る人もいればもう少し経たないとわからない人もいます。ですが、より正確に結果を望むのなら記載通り、生理予定日を1週間過ぎてからがよいでしょう。ただ、最近は「早期妊娠検査薬」という商品が出回っており、こちらは尿中のHCGが25mIU/ml以上で反応するため、生理予定日の3日前、5日前から反応するということです。

 

反応が陰性から陽性、陽性から陰性になる時って?

「陰性→陽性になる場合」

・HCGが一定量に達していないのにフライングで検査をした

・生理予定日の計算間違い

・尿の濃度が薄くなっているか量が少なかった

 

「陽性→陰性」

・不妊治療でホルモン剤などを投与している

・子宮外妊娠などの異常妊娠

・閉経期

・流産や中絶直後

・尿に糖やタンパク質、血などが出ている

 

妊娠検査薬を使う時の注意点

早く結果が知りたいからといって生理予定日の1週間前から検査したとしても反応しないことがあります。この場合、もちろん妊娠していないケースもありますが、妊娠しているのにまだ反応が出ないケースもあります。しかも、早く検査をして陰性だったからといってお酒を飲んだり薬を飲んだりしてしまったため、胎児に悪影響が出ることもゼロではありません。そうなると後で後悔してもしきれませんね。その場合、少し日数を開けて再検査して陽性になることもあります。ですから、使おうとしている商品に記載されている使用方法をしっかりと確認し、きちんと守ることが大切です。