生理周期が短い「頻発月経」って妊娠しにくいの?

calender_takujou「今月は生理が早いな」と思ったことがある女性は多いでしょう。なかなか来ないのも心配ですが、あまりにも早いと何か異常があるのではいかと不安になるものです。また、頻発月経は妊娠しにくいこともわかっています。そこで、頻発月経とは何か、その原因、症状、また、対処方法などについて詳しく見ていきましょう。

「頻発月経」って何?

生理周期の正常範囲は25日から38日。これがほぼ一定の周期で繰り返されます。たとえば、普段30日周期の人が25日で次の生理が来た場合、「早い」と感じますが、正常範囲なので特に問題ありません。また、その月だけ早かったけれど、次からは元の周期に戻れば全く心配いりません。ストレスや環境の変化、心配事、過労など、ちょっとしたことでも生理周期は変わるものなのです。けれども、24日より短い周期が何回も続くような場合は「頻発月経」が疑われます。月経異常の1つで生理が終わったと思ったらすぐに次の生理がくるのでも1ヵ月に2回くることもあります。一度病院を受診することをおすすめします。

頻発月経の原因

主な原因は2つです。1つは、卵巣機能の低下。排卵がうまくできない排卵障害や無排卵月経などが考えられます。もう1つはストレス、食生活、睡眠不足などによってホルモンバランスが乱れること。生理の周期前半の抱卵期にホルモンバランスが崩れると卵胞がしっかりと育つ期間が短くなることで、必然的に生理の周期も短くなるのです。もちろん、更年期障害も原因の1つであり、閉経前には周期が早まったり、不安定になりやすいといわれています。

頻発月経の症状は?

頻発月経の周期が短いという症状の他に周期が不安定になることもあります。そのため、卵子や子宮内膜が成熟せず、妊娠しにくい状態に陥るのです。さらに不正出血を起こす人も多く、生理周期は短いのに生理期間が長くなる傾向が見られます。中には10日以上出血が続き、1ヵ月の半分が生理中というケースも少なくありません。

治療と対処法

たとえ、周期が24日以下でも毎回安定していれば、問題はないかもしれませんが、生理が10日以上続いたり、周期の変動が激しい場合には治療する必要があります。治療法としては、ホルモン剤を投与して周期を正常化したり、低用量ピルを服用し、生理周期をコントロールするなどが主なものです。ただし、無排卵月経が原因の場合は少し深刻です。無排卵の状態が数ヵ月続いてしまうと自力での排卵が難しくなります。排卵誘発剤を使った治療で排卵を促す必要があります。ですから、妊娠を望んでいたり、妊活中の人は早めの治療がおすすめです。放置時間が長ければ長いほど、治療にも時間がかかります。

予防方法ってあるの?

さまざまな原因がありますが、まずは規則正しい健康的な生活を送ることで予防できるケースも少なくありません。半身浴でリラックスしたり、軽い運動やストレッチをしたり、身体を温めて冷えを予防するとよいでしょう。また、基礎体温を測って、排卵の様子を確認することも大切です。医療機関を受診する際、基礎体温のグラフを持参することで、ホルモンバランスの乱れがわかり、適切な治療を早急に始めることができるでしょう。