35歳からの高齢出産!知っておきたいメリットとリスクは?

35歳以上で妊娠、出産することを「高齢出産」といいます。以前は高齢で出産する人が周りにいると必要以上に注目することも多かったようですが、今は35歳以上の妊娠、出産は珍しいことではなくなりました。けれども、いくら高齢出産する人が増えたとしても、そのリスクが軽減するわけではありません。また、少なからずメリットもあるのです。さらに近年は晩婚化、女性の社会進出により、50歳以上で妊娠、出産する人も見られるようになったことで「超高齢出産」という言葉も耳にするようになりました。そこで、高齢出産のメリットとリスク、超高齢出産について詳しく解説しましょう。

高齢出産の定義

現在、日本産婦人科学会では、35歳以上で妊娠、出産することを「高齢出産」と定義しています。平成3年までは30歳とされていましたが、30歳を過ぎての妊娠、出産が珍しいことではなくなってきたことや、WHOでの定義にあやかって、35歳に引き上げたということです。ただ、35歳を過ぎたからといって急激にリスクが高まるわけではなく、年齢の区切りには特に明確な意味はないようです。年齢が高くなればなるほど、様々な危険が高まってくるということです。

超高齢出産とは

「超高齢出産」とは数年前から時々耳にするようになった専門用語で、50歳以上、つまり閉経後に妊娠、出産すること指しています。ただし、そのほとんどは自然妊娠ではなく、精子や卵子の凍結や人工ホルモンの投与など医学の進歩によるものです。超高齢出産には倫理的、哲学的な問題が指摘されており、まだまだ現実的には難しいのが現状です。

高齢出産のメリット

高齢出産はさまざまなリスクに注目が集まりがちですが、実はメリットもたくさんあるのです。

・精神的な余裕

年齢を重ねているぶん、精神が安定し、心に余裕があるため、20代前半の若い女性のように大きな不安を感じにくいといわれています。つまり、ゆったりとした気持ちで妊娠、出産に向き合えるというわけです。実際に母親になった30代の女性に聞いてみると、余裕を持って出産、育児ができると答える人が多いようです。

・経済的な余裕

体力的にはどうしても不利な高齢出産ですが、経済的な面では若い時よりも余裕があります。ですから、ベビーシッターを雇ったり、保育園に預けたりすることで体力的不足面を補うことができるでしょう。

・若返りのメリット

高齢出産は体に負担がかかるイメージですが、ある見解では高齢で出産することで若返るとも言われています。実は妊娠すると女性ホルモンが活発に分泌されることでお肌がツヤツヤになり、血行がよくなることで冷えが改善されるなど、女性としてうれしい効果が得られるのです。もちろん、充実感を味わっていることによって、内面からキレイになれるのも事実です。中には高齢なのに無事出産できた自分の体を愛おしく感じる人もいるようですね。

高齢出産のリスク

一概に高齢出産が危険とは言い切れませんが、そのリスクが高くなるのは本当です。どのような危険があるのかをきちんと知識として持っておくことで予防や回避できることも少なくありません。

・流産

流産の原因はいろいろありますが、高齢もその1つです。全妊娠では10~15%の流産率も35歳以上で見ると20%と高くなることからもわかります。その主な原因は卵子の老化や胎児の先天性異常などだと言われています。

・先天性異常

加齢によって多くなるのが染色体異常です。30歳までは1.8%程ですが、35歳を過ぎると約2.0%に上がります。主にダウン症ですが、その原因は卵子の老化によるもので、受精卵の減数分裂がうまくいかないことで起こると言われています。

・帝王切開率

帝王切開が悪いわけではありませんが、やはり体にメスを入れることになるため、体への負担が大きくなるのは避けられません。高齢出産の場合、医師から帝王切開を勧められることもありますが、本人が望めば状態によっては自然分娩も可能です。

・妊娠高血圧症候群

むくみ、蛋白尿、高血圧のいずれかの症状が見られる場合「妊娠高血圧症候群」と診断されます。高齢になればなるほど発症の確率が高くなります。中でも高血圧は20代の1.8倍も見られ、大変危険なケースもあるようです。ひどくなると入院が必要な場合もあるので、高齢出産では食事や体重管理にはより注意が必要です。

このように高齢出産にはメリットもありますが、当然リスクも伴います。いずれにしても赤ちゃんを望んでいるのなら、少しでも卵子が元気なうちに妊娠するのが第一です。ただ、高齢出産をあまりにも怖いものと決めつける必要はありません。きちんとした知識の元、医師の指示を守って妊婦生活を送ることで20代と変わらないスムーズなお産も可能なのです。