いいことだらけ!妊活、不妊には絶対使ってほしい❝布ナプキン❞

数年前から女性の間で密かに流行っている「布ナプキン」。実は使い捨ての紙ナプキンにかぶれてしまうという悩みを持つ人は結構多く、お肌に優しい布ナプキンを使い始めている人が増えているのです。しかも、最近は不妊に効果があることから妊活している人がどんどん紙から布に変更している様子。そこで、なぜ布ナプキンがおすすめなのか、どんなメリットがあるのかについて詳しく見ていきましょう。

布ナプキンって何?

布ナプキンと言っても見たことがない人はどのようなものなのかわかりませんね。名前の通り、布でできている生理用のナプキンで大きな特徴は使い捨てではないところ。さらに布なので肌触りがよく、洗濯できるため何回も繰り返し使えます。

紙ナプキンのデメリット

今までずっと紙ナプキンを使っていて、特にかぶれることもなければ、快適に使えるのかもしれません。けれども、紙ナプキンは「ケミカルナプキン」という別名を持っているようにその素材は実にケミカルなのです。タンポンも同様ですが、高分子吸収体、ポリエチレン、ポリエステル、ポリプロピレンなどの素材の原料は石油。こんなにオーガニックや体によいものを取り入れる人が増えているのに一番デリケートな部分に石油でできたものを当てているなんて、何とも怖い話です。紙ナプキンを使って現れる主な症状は次の通り。

・かぶれやかゆみ

もともとナプキンは月経血を受け止めるためのものですが、血がついた状態でそのままお肌につけているわけですから、かなり不衛生だといえますね。しかも、最近の紙ナプキンは長時間でも漏れずに安心であることを謳っているので、なおさら取り換えるまでの時間が長くなってしまいがちです。つまり、ケミカル成分が長くお肌に触れたままになり、さらに不衛生になって雑菌が繁殖し、かぶれやかゆみを引き起こすのです。まして、タンポンは膣の中に入れるため、子宮に悪影響を及ぼすと言われており、子宮内膜症の原因になることもあるというのですから恐ろしいことです。

・子宮を冷やす

ナプキンやタンポンには水分をしっかりと吸収する高分子吸収体が含まれています。これは熱がある時におでこに貼る“冷えピタ”にも使われているそうです。この吸収体は水分をジェル状にする性質があり、吸収した血液を冷たいジェル状にすることから、身体を冷やし、ひいては子宮までも冷やしてしまうというわけです。子宮の冷えは卵巣機能を低下させ、排卵障害を招き、不妊や流産にもつながります。

・子宮筋腫や子宮内膜症の引き金に

紙ナプキンの成分の化学成分からでるダイオキシンが子宮筋腫や子宮内膜症の引き金になると指摘されています。これらの化学物質は特に粘膜から吸収されやすいため、紙ナプキンを使うことでより多くのダイオキシンを身体に取り込むおそれがあります

布ナプキンのメリット

紙ナプキンがいかに怖いものかがわかったところで布ナプキンにどのような効果があるのか見てみましょう。

・冷えを改善して生理痛を緩和

布ナプキンが紙ナプキンと大きく異なるところは、布特有の特徴により、身体を温めることができること。布ナプキンの原料はコットンなので体温を取り込んで温まるのです。子宮が温まると妊娠しやすくなるので、不妊治療や妊活中の人には特におすすめです。

 ・かぶれやかゆみを軽減

どんなに通気性がよい紙ナプキンでも、どうしても蒸れが起きてしまい、これがかぶれやかゆみの原因になっています。それに比べて布ナプキンは100%コットンなのでお肌に優しく、蒸れを防いでかぶれやかゆみを軽してくれるのです。

・異常に気付きやすい

紙ナプキンは使い捨てなので自分の経血をまじまじと見ることはほとんどありません。本来は量や色などから身体の状態を知ることができるのですが、すぐに捨ててしまう紙ナプキンでは全く分かりません。実は婦人科の病気の最初の異常は経血だと言われているのです。ですから、布ナプキンを使うことでより早く体調の変化に気付くことができるというわけです

・コスパがよい

使い捨ての紙ナプキンと違って、一度購入すれば3年以上は使える布ナプキン。価格は高いのですが、長い目で見るとかなりコスパはよいといえるでしょう。

このように女性の身体にいいことだらけの布ナプキンですが、ただ1つだけ洗濯する手間がかかるところがデメリットです。確かに血液は落ちにくいので洗うのは面倒だという人もいるかもしれません。けれども、そのメリットを考えると妊娠を望んでいる人には是非使っていただきたいアイテムです。最近は可愛いデザインのものも増えてきているのでね楽しみながら身体をいたわってあげてはいかがでしょうか。特におすすめはオーガニックコットンを使った布ナプキンです。