はちみつの意外な効果!妊娠力を高めるおすすめレシピ

妊娠力を高める食材はいろいろ紹介されていますが、意外なものとして「はちみつ」があります。キレイな黄金色の甘い蜜。コーヒーやミルクなど飲み物に入れたり、トーストやホットケーキにかけたりと、独特の甘みは何とでも相性がいい万能選手。しかも、はちみつにはおいしいだけではなく、妊娠力を高める作用まであるというのですから驚きです。そこではちみつの意外な効果とおいしくいただくレシピまで一挙にご紹介しましょう。

はちみつの種類

一口にはちみつと言っても実はいろいろな種類があり、味や香り、濃度、質感も違っています。どの花の蜜かによって違いますが、よく目にするのは「レンゲ」や「アカシア」ではないでしょうか。しかし、これら以外にも実に1000種類以上のはちみつがあると入れています。飽きないようにいろいろなはちみつを試すのもいいですね。旅行の際、お土産屋さんに行くとその土地ならではのはちみつがゲットできるかもしれませんよ。

はちみつの効果

「身体を温める」

冷えに陥りやすい女性は身体を冷やさないようにすることが大切です。特に冷えが不妊を招く原因になることもあるので、妊活中ならなおさらです。はちみつには身体を温める作用があります。実はあまり知られていませんが、同じ甘みでも白砂糖は身体を冷やすと言われています。ですから、普段は白砂糖を使っている料理や手作りスイーツなどもはちみつを使うことで冷えを改善できるというわけです。身体が温まると内臓、卵巣、子宮の機能も向上します。

「毒素の分解」

マウスを使った臨床実験でも証明されていますが、はちみつには毒素を分解する作用があります。特に喫煙する男性の場合、身体に取り込んだ有害物質を分解してくれるので、是非パートナーにも取り入れてもらいましょう。

「高い栄養価」

はちみつには良質のビタミンが豊富に含まれています。さらにミネラルやアミノ酸、酵素などの栄養素も多く含まれているため、妊娠力アップが期待できます。

「虫歯予防」

はちみつには殺菌作用があるため、虫歯菌の繁殖を抑えてくれる効果が期待できます。さらにカルシウムも豊富なので歯を強くする作用もあります。甘いはちみつは虫歯を助長しそうですが予防になるなんて意外ですね。

「腸内環境の改善」

即効性はありませんが、長く摂取し続けることで腸内環境を整えてくれます。便秘や軟便など、便に悩んでいる人におすすめです。特にアカシアのはちみつがよいと言われています。

はちみつの効果はわかりましたが、そのままでは食べにくいため、普段の生活にどのように取り入れたらよいのかわからないという人も多いのかもしれません。そこでおいしく、より効果的にはちみつを摂取できるレシピと期待できる効き目をご紹介しましょう。

・はちみつ豆乳

豆乳は女性ホルモンに似た働きをするといわれている「大豆イソフラボン」が豊富に含まれているので、適量の摂取により、女性ホルモンが活性化し、生理不順の改善や子宮内膜の強化に役立ちます。ですから、豆乳にはちみつを入れれば、身体が温まり、女性ホルモンが活性化して妊娠しやすくなるのです。

・はちみつしょうがティー

紅茶を飲む人も多いと思いますが、その時にはちみつ、さらにしょうがをすって入れます。しょうがが血行を促進し、はちみつとのダブル効果で身体を温め、子宮や卵巣の機能アップが期待できます。

・ホットはちみつレモン

お湯とはちみつとレモンでとてもおいしいはちみつレモンが完成します。リラックス効果が期待できるレモンとはちみつの相性はバツグン。ストレスを軽減し、ゆったりとした気持ちで妊活に望めます。さらにはちみつレモンは喉にもよいので風邪の引き始めにもおすすめです。

・はちみつミルク

温めた牛乳にはちみつをプラスするだけ。ホッとリラックスできて、自然な眠気を誘いますので、寝る前の一杯に最適です。

甘くておいしいうえにこんなにたくさんのうれしい効果があるはちみつ。ぜひ、普段飲み物に入れている砂糖をはちみつに変えて、妊娠力をアップさせましょう。