本当に安全なの!?HCG注射の効果と副作用を詳しく見てみよう!

不妊治療にはいろいろな方法があります。その中で最もよく用いられるのがHCG注射です。病院で医師から勧められ、実際に治療を受けている人や、これからHCG注射を始めようとしている人もいるでしょう。そこで広く浸透しているこの治療についてどのようなものなのか、効果や副作用について詳しくご紹介しましょう。

そもそもHCGって何?

HCGは日本語では「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」と呼ばれるホルモンのことです。受精卵が子宮に着床した際に受精卵から分泌されます。さらに卵巣に働きかけ、妊娠を維持する作用を持つ「プロゲステロン」分泌を促進し、妊娠を正常に維持するのに役立ちます。

HCG注射とは?

HCG注射は人工的にプロゲステロンの分泌を促進するものです。受精卵が着床してもプロゲステロンの分泌が少なければ妊娠を維持することができません。つまり、この注射は妊娠を維持するためにとても重要な役割を持っているといえるのです。流産しやすい人や妊娠の継続が難しい人に効果的です。

不妊とHCG注射

HCG注射はプロゲステロンの分泌を促進するだけではなく、不妊治療にも高い効果が期待できます。卵胞が育ってくると脳の視床下部からあるホルモンが分泌されます。これはゴナドトロピン放出ホルモンと呼ばれるもので、排卵期になるとこのホルモンが刺激となり脳下垂体から黄体形成ホルモンがたくさん分泌されることで排卵が起こるというわけです。つまり、黄体形成ホルモンの働きを持っているHCG注射を投与することで排卵が起こりやすくなるのです。投与して36時間以内に排卵が起こる確率が高いといわれています。

ただし、排卵の促進ができるからといって必ずしも排卵が起こるわけではありません。また、黄体化未破裂卵胞症候群の人は排卵が起こりません。

HCG注射の副作用

不妊治療に欠かせないHCG注射ですが、やはり気になるのは副作用でしょう。最も注意が必要なのは「卵巣過剰刺激症候群(OHSS)」。卵巣内の卵胞が必要以上に刺激を受けることで卵巣が腫れてしまう症状です。症状が軽く済むものがほとんどで重症化することは少ないようです。主な症状としては腰痛、腹痛、吐き気などが見られますが、ごく稀に腹水や胸水が溜まるケースもあります。注射後、何かしらの違和感があったり、いつもと違う自覚症状があった時はクリニックにすぐに相談することが大切です。

このようにHCG注射は不妊治療の中では他の治療法に比べて取り組みやすい方法だといえるでしょう。排卵が起これば妊娠する可能性も高まります。ただし、副作用についてきちんとした知識を持ち、医師と相談しながら進めていくことが重要です。