HCG注射はどこで打つの?気になる費用と流れについて

排卵を誘発作用があり、不妊治療の強い味方のHCG注射。妊娠の確率が上がることから医療機関でもよく使われる方法です。けれども、これからHCG注射を受けようと思っている人の中には不安な人もいるでしょう。そんな気になる費用や注射の流れについて詳しくご紹介しましょう。

HCG注射はどこで受けるの?

HCG注射は不妊専門のクリニックだけではなく、一般の婦人科でも受けられます。ただ、それぞれの考え方や治療方針があるため、初回から受けられる場合もあれば、極力使わない方針のところもあるようです。事前にしっかりと下調べをしてから受診することをおすすめします。

HCG注射の費用は?

目的が排卵誘発のためであれば保険が適用されます。多少薬量の違いによって費用が変わりますが1回あたり、安いところでは400円、高くても1000円以内で受けられます。不妊治療というと自由診療で高額なイメージがありますが、HCG注射に限っては安価だといえるでしょう。ただし、注射の前には診察や検査が必要であり、中には注射を受けるまで数回通わなければならない時もあります。たとえば、注射を打つタイミングをみるために子宮を超音波検査を行います。ですから、HCG注射の費用に診察代や検査費用がプラスされ、トータルで3000円前後になるのが相場です。

HCG注射はいつ打つの?

HCG注射はいつでも打てるわけではなく、排卵が起こる前です。排卵は月に1回ですので注射を打つチャンスも月1回だけになります。タイミングは卵胞の成長具合で決まります。卵胞は卵子を保護する袋でこれがある大きさになると排卵が起こることがわかっています。ですから、卵胞の大きさをチェックして医師が排卵のタイミングを見極めるのです。排卵の予測ができたら注射を打つ日を決定し、その日に改めて受診して受けるというわけです。

HCG注射って痛いの?

注射というからにはやはり痛みを伴いますがHCG注射は筋肉注射なので痛みはかなり強といえます一般的には肩かお尻に打ちますが、その際選ぶことができます。ただし、肩よりお尻のほうが太い神経がないぶん、痛みを感じにくいといえるでしょう。

注射後の流れ

注射を打ったあとはそのまますぐに帰宅が可能です。24~36時間後に排卵が起こりますので、注射を打った当日と翌日が夫婦生活の絶好のタイミングとなります。ただし、稀に副作用が見られることがあるので接種後は体調の変化を見落とさないようにしましょう。よく見られる副作用としては下腹部痛、吐き気、腹水などです。これは卵巣内の卵胞が過剰に成長するためです。ほとんどは軽症ですが心配な場合はすぐに医師に相談しましょう。

シェアする