知っておきたい!妊婦におすすめのハーブティーと避けるべきハーブティー

妊娠するとコーヒーや紅茶を控えるように言われますが、これはカフェインの摂取を抑えるためです。そこで多くの妊婦がコーヒーや紅茶の代わりに飲んでいるのがハーブティー。確かにハーブティーにはノンカフェインのものが多く、安心して飲めます。また、ハーブティーはタンニンも比較的少ないというメリットがあります。タンニンは紅茶やウーロン茶に多く含まれ、葉酸の働きを阻害したり、鉄分の吸収を悪くする作用があることから妊婦は避けたい成分なのです。だからといってハーブティーなら何でもよいというわけではありません。そこで妊婦におすすめのハーブティーと避けたいハーブティーについて詳しくご紹介しましょう。

ハーブティーが妊婦におすすめの理由

妊娠するとどうしても精神的に不安定になることが多く、イライラしやすくなったり、ストレスが溜まりやすくなると言われています。ハーブティーにはリラックス効果があるため、飲むことでイライラを鎮めてリラックスできます。また、血行をよくして、冷えやむくみを改善したり、腸内環境を整え便秘の改善も期待できます。

おすすめのハーブティー

・たんぽぽ茶

鉄分やビタミンB2が豊富でノンカフェインなので安心です。たんぽぽの根に含まれている「イヌリン」には便秘改善や女性ホルモンのバランスを整える効果が期待できます。たんぽぽ茶はいろいろなメーカーから出ているので探してみるとよいでしょう。

・ジンジャーティー

セイロンティーに生姜がブレンドされたハーブティー。生姜の作用で代謝のアップや胃がすっきりします。特に妊娠初期のつわりの時期には後味がすっきりしているのでおすすめです。

・ペパーミントティー

ミント系のティーはメントールの働きで胃腸の調子を整えて食欲を増進させる作用があります。またミントの香りにはリラックス効果もあります。ただし、母乳の分泌を抑制するので授乳中は避けましょう。

・ローズヒップティー

ビタミンCが豊富なローズヒップは風邪予防や肌荒れ防止に役立ちます。

・ネトルティー

ネトルの葉には血を作る作用があり、昔から子宮出血や鼻血の治療に使われていたほどです。鉄分が不足しがちな妊婦には大変有効です。さらにミネラルやカルシウムも豊富です。

避けるべきハーブティー

様々なうれしい効果が期待できるハーブティーですが選び方を間違えると大変なことになりかねません。中には妊婦が絶対に避けるべき子宮収縮作用を持つハーブティーもあるのです。パッケージにはそのような記載はないかもしれないので、心配な時には購入の際スタッフに詳しく聞いたり、医師に相談してみることをおすすめします。

子宮収縮を促すハーブティー

カモミール、セントジョーンズワート、アロエ茶、ハト麦

子宮を刺激するハーブティー

ジュニパー、サフラン、マジョラム、フェンネル、ローズマリー

子宮を興奮させるハーブティー

ベニバナ

高血圧、子宮出血の危険があるハーブティー

リコリス

安全性が明確ではないため避けたいハーブティー

センナ、オレガノ、レモングラス、ハイビスカス、レモンバーム

このように妊娠中はコーヒーや紅茶の代わりに飲みたいハーブティーですが、意外にも子宮収縮を促進するものがたくさんあります。せっかくなら妊婦に安全でよい効果が得られるものを選びましょう。迷った時は必ず医師に相談することをおすすめします。