妊娠初期のお腹の痛みは危険なの?生理痛との違いは?

妊娠初期はちょっとした体の異変が気になるものです。中でも腹痛は赤ちゃんに何かあったのかとハラハラしますね。そこで、妊娠初期の腹痛の原因や痛み、流産の兆候などについて詳しくご紹介しましょう。

妊娠初期の腹痛の原因は?

実は妊娠初期は腹痛が起きやすい状態だといえるのです。受精卵が着床すると胎芽を育てるため、子宮は収縮します。そして、この子宮が収縮する際に多くの人が腹痛を感じるというわけです痛みの感じ方は個人差があり、チクチクした痛み、鈍い痛み、下腹部を引っ張られるような痛み、恥骨周辺がズキンとする痛み…。痛みの持続時間もずっと続く場合もあれば、痛くなったり痛くなくなったり断続的な場合もあるようです。また、妊娠初期の特徴として、HCGやエストロゲンなどの女性ホルモンが多く分泌されますが、これが体全体のホルモンバランスを崩してしまうこともあります。ホルモンバランスが崩れることで胃腸の働きが低下し、便秘や下痢を招き、腹痛を感じることも少なくありません。

生理痛との違いは?

妊娠初期の腹痛と生理痛の痛みは大変よく似ています。生理中は子宮内膜から分泌されるプロスタグランジンにより、子宮が収縮し、経血を排出しようといます。このときに感じる痛みが生理痛です。実は生理痛も妊娠初期も痛みの原因は子宮の収縮ですので、見分けるのは非常に難しいのです。ですから、普段は生理痛を全くない人が生理痛のような痛みを感じたり、いつもの生理痛とは違う場所が痛かったりした場合は、妊娠初期の腹痛かもしれません。生理痛より痛みが強かったり、下腹部全体が重く痛んだり、腰痛を伴ったりした場合には妊娠しているかもしれません。

妊娠初期の腹痛はずっと続くの?

痛みを感じる期間も人によって異なります。受精卵の着床と同時に痛みを感じる場合もあれば、1ヵ月ほどで治まる場合、数ヵ月続く場合もあります。いずれにしても胎児やお腹に異常がなければ、一時的なものとしてあまり気にする必要はないでしょう。ただし、妊活中や妊娠の可能性がある場合はすこし注意が必要です。腹痛を感じてももうすぐ生理がくる兆候だと勘違いして、薬を飲んでしまうことがあるからです。妊娠の可能性がある場合は、痛みを感じてもすぐに薬を飲まず、一度病院を受診してみることをおすすめします。

流産の危険を伴う腹痛とは?

妊娠初期に腹痛を感じた時、真っ先に頭をよぎるのが流産ではないでしょうか。流産の場合の痛みは、締め付けられるような強い痛み、ズキンズキンと下腹部が痛む、下腹部の強い痛みなどです。さらに痛みがずっと続く時は要注意です。流産の兆候かもしれません。また、痛みがどんどん強くなる場合は、子宮外妊娠も考えられます。いずれにしても激しい痛みや明らかにいつもと違う場合はすぐに病院を受診しましょう。

痛みを和らげる方法は?

鈍い痛みでもチクチクした痛みでも不快なことには変わりありません。痛みがある時は無理をせず、ゆっくりと体を休めることが大切です。我慢できない時は医師に相談してみましょう。