エストロゲン増加が妊娠への近道ってホント!?

「エストロゲン」と言う名前を聞いたことがある女性は多いはず。それはエストロゲンが女性ホルモンであり、増えることによって得られるメリットが多いことをさまざまな媒体で目にするからです。そして、女性らしさや美しさ、健康を保つのはもちろんですが、実は妊娠にとっても非常に重要なホルモンでもあります。そこで、エストロゲンを増やすメリットや増やし方についてご紹介しましょう。

女性ホルモン「エストロゲン」

いくつかある女性ホルモンの1つでさまざまな働きを持っています。生理の終わりごろから分泌量を増やし、妊娠しやすいように子宮内膜を厚くして、受精卵が着床しやすい環境を作ってくれます。その後、生理の前に減少し、終わりごろに増加、この分泌の増減を繰り返しています。さらに妊娠するとエストロゲンの分泌が増加し、妊娠の持続をサポートします。また、乳腺の発達を促進、コラーゲンの合成を促し、美しいお肌や女性らしい体を作ってくれます。ただ、残念ながら年齢を重ねるごとに分泌量が減ってしまうのです。そのため、自分でエストロゲンを増やすことが大切です。主な働きは次の通り。

・女性らしい体をつくる

・子宮内膜を厚くして受精卵の着床を助ける

・精子を受け入れやすくするため頸管の粘液を分泌する

・卵胞の熟成を促進する

・自律神経の働きをサポートする

エストロゲンを増やす食材

減少していくエストロゲンを増やすには毎日の食事に気を付けること。せっかくなら効率よく摂取できる食材を使った食事を目指しましょう。特に摂取をおすすめしたいのは「大豆イソフラボン」「ビタミンE」「ビタミンB6」などで、これらはエストロゲンを補い、分泌を促す働きを持っています。

・大豆イソフラボン

大豆イソフラボンが女性ホルモンと同様の働きをするもので、特に更年期障害の緩和に役立ちます。多く含まれる食材としては、納豆、豆腐、味噌などです。牛乳の代わりに豆乳を飲むようにするのもよい方法です。

・ビタミンE

女性ホルモンのバランスを整えてくれるビタミンE。そのため、不妊治療や更年期障害の緩和などに使用されることもある成分です。多く含まれる食材はかぼちゃ、モロヘイヤ、アーモンドなど。

・ビタミンB6

ホルモンバランスを整えるだけではなく、エストロゲンの代謝自体を促進する作用があります。主に月経前症候群やつわりに効果が期待できます。多く含まれる食材としては、カツオ、牛レバー、パプリカ、さんまなど

ただし、サプリメントなどを利用し過剰に摂取すると、乳房の張りを感じたり、下腹部の痛みなどの症状が表れることもあります。また、長期間過剰に摂取すると子宮内膜が増殖し、がんリスクが高まります。できるだけ普段の食事に取り入れるようにすることをおすすめします。