レバーみたいな塊が…過多月経って妊娠しにくいの!?

生理の時、経血量が多くて驚いたことがある人は多いのかもしれません。中にはレバーのような塊が出るという人もいるでしょう。経血量は個人差が大きいもの。20~140mlの範囲内であれば正常です。これは1枚のナプキンで2~3時間もつ量になります。ですから、ナプキンが1時間も持たない場合やこれ以上の経血量があれば「過多月経」なのかもしれません。ひどくなると日常生活に支障をきたしたり、貧血を起こすこともあるようです。過多月経が直接不妊につながるわけではありませんが、病気が隠れていることもあるので気になる時は早めに病院を受診することをおすすめします。そこで過多月経について詳しく見ていきましょう。

過多月経って何?

経血量が多くなる過多月経は次のように2つの種類に分けられます。

「機能性過多月経」

子宮はもちろん他の臓器にも特に異常がないケース。このような場合は何らかの理由で女性ホルモンのバランスが崩れることが原因だと診断されることが多いようです。治療には薬物療法が用いられ、経血量を減らします。軽度の場合には薬物を使わず様子を見ます。心身のストレスや過労などで体に負担をかけないようにするだけで改善することもありますよ。

「器質性過多月経」

子宮の病気や異常が原因で起こります。主に子宮筋腫や子宮内膜ポリープ、子宮腺筋症など。レバー状の塊が出る時は多くの場合、子宮筋腫だと思われます。中には腹痛を伴うケースもあります。また、子宮以外の腎疾患や甲状腺機能の低下などが原因になることも少なくありません。ですから、まずは原因となっている病気の治療から始めます。薬物で改善できる場合もありますが、中には子宮の摘出を余儀なくされるケースもあるのです。それは妊娠を希望している場合には大変な選択となりますので医師としっかりと相談する必要があるでしょう。

不妊と過多月経

妊活中の人なら最も気になるのが妊娠できるかどうか。経血量が多いというだけで妊娠だきないわけではありませんが、器質性過多月経の場合は原因となる病気によっては様々な検査を受けなければなりません。まずは病院を受診し、妊娠を希望していることを伝えたうえで適切な治療を行いましょう。

過多月経は原因を早く見つけることが何よりも重要です。ナプキンが1時間ももたないほどの経血量が気になる時には早めに受診し、正しい診断を受けることが最優先です。けれども、経血量が多いだけではなかなか病院に行く人が少ないのが現状。それでも過多月経による貧血は放っておくと様々な弊害を及ぼします。受診して何もなければ安心できるのですから、そのためにも自分で勝手に判断せず、受診することが大切です。