女性だけじゃない!男性にもある35歳の壁とは!?

女性は35歳を境に卵巣機能が低下し、妊娠率が下がるといわれています。それは数年前から指摘されるようになった「卵子の老化」です。しかも、この35歳の壁は女性だけではなく、男性にもあるというのですから聞き捨てなりません。そこで気になる35歳の壁について詳しくご紹介しましょう。

どうして35歳なの?

一生のうちで卵子の数が最も多いのは胎児の間です。20週までに約700万個にまで急増しますが、出生時には約200万個に減少します。つまり、生まれたときには約200万個。そして、年を重ねるうちに減少し、思春期には20~30万個。さらに年齢とともに減る一方です。では、なぜ35歳の壁といわれるのか。それは35歳以上の出産は「高齢出産」になってしまうからです。しかも、33歳までは体外受精の成功率が20代と変わらず3割くらいなのですが、35歳を超えると40代と同じように1割ほどにまで落ちこむからだと考えられます。

「35歳の壁」男性の場合

男性の場合、毎日新しい精子が作られるため、年齢を重ねても生殖能力が低下しないと思われがちです。しかし、男性不妊治療の専門医によりますと、実は35歳を過ぎると精子の能力が低下することが明らかになったのです。考えてみれば、精子がいくら毎日新しく作られても精子を作る体は加齢とともに老化するのですから、精子も老化するのは当然だといえるでしょう。ただ、男性の場合は女性のように急激に妊娠率が低下するのではなく、非常に緩やかに衰えるのが特徴です。精子が老化するとみられる症状は「酸化ストレス」。これはDNAを傷つけてしまいます。自覚症状はないので不妊の原因として特定するのは難しいかもしれません。

高齢出産のリスクとは?

男女ともに35歳が妊娠のターニングポイントになることは明らかです。もし妊娠を望むのなら35歳までに計画を立てて妊娠、出産すればスムーズにいく確率がグンとアップするというわけです。しかも高齢出産にはさまざまなリスクを伴います。

・流産の確率

流産の原因はいろいろありますし、不明なケースも多いため、どの年齢でも見られます。けれどもデータで見ると20代では1割ほどのリスクが40代では2割にまで上がります。これは卵子の老化により受精しても育たないものが増えるからです。

・染色体異常

35歳を超えると染色体異常などによってダウン症の赤ちゃんが誕生する確率も上がります。25歳では1352人に1人ですが40歳では97人に1人。これはかなりリスクが高まるといえるでしょう。

・帝王切開の増加

妊娠中のさまざまな異常により帝王切開になるケースが増えます。これは35歳を過ぎた初産婦に多く見られます。

これらのことから妊娠を望むカップルにとって35歳の壁は大きく立ちはだかっているといっても過言ではありません。その上、近年の晩婚化によって出産年齢もかなり上がってきています。けれども、妊活は少しでも早めることで妊娠率もぐっとアップするのです。