教えて!!男の子と女の子を産み分ける方法とは?

妊娠を望む夫婦にとって赤ちゃんを授かるなら男の子でも女の子でもどっちでもいいと思うのは当然でしょう。とはいってもやはり「男の子がほしい」「女の子がいい」という希望はあるものです。そこで男女の産み分けについて詳しくご紹介しましょう。

赤ちゃんの性別はどうやって決まるの?

性別は受精する精子の染色体によって決まります。卵子にはX染色体だけしかありませんが、精子にはX染色体とY染体があり、卵子と結合する精子の染色体の種類によって赤ちゃんの性別が決まります。卵子がX染色体の精子と結合した場合はXX染色体となるので女の子、Y染色体の精子と結合した場合はXY染色体となり男の子になります。

X・Yそれぞれの精子の特徴

「X染色体をもつ精子」

・酸性に強いがアルカリ性に弱い

・寿命が2~3日

・Y染色体に比べて少ない

・動きがにぶい

「Y染色体をもつ精子」

・アルカリ性に強いが酸性に弱い

・寿命が1日

・X染色体に比べて多い

・動きがシャープ

数が多いと聞くと男の子のほうが生まれやすいと思われがちですが、酸性を保っている膣内に入ったY精子は死んでしまいますので、総合的に見ると確率は半分となります。さらに排卵日は酸性が弱まりますので、よりY精子が活動的になります。つまり、膣内の酸性の度合いも産み分けに大きく影響するというわけです。

男女を産み分けるには?

「男の子がほしいとき」

・排卵日の直前になかよし

酸性に弱いY染色体にとって膣内がアルカリ性に傾く排卵日は絶好のタイミングだといえます。排卵直前、または前日がねらい目です。

・女性を気持ちよくさせる

女性は性的興奮が高まるとアルカリ性の粘膜を多く分泌させるため、膣内がアルカリ性に傾きます。

・深い位置で射精

できるだけ深い位置で射精することで精子が酸性にさらされないようにできます。

「女の子がほしいとき」

・排卵日の2日前

排卵日は膣内がアルカリ性に傾きますので、酸性に強いX染色体を生き残らせるには排卵日2日前のなかよしが絶好のタイミングです。寿命が長いX染色体をもつ精子は排卵日当日にも2日前の精子が残っています。

・おだやかな行為で浅い位置で射精

膣内がアルカリ性傾かないようにするため、できるだけ穏やかな行為で浅いところで射精することで酸性の膣内を通る時間を長くすることができます。

これらの他に産み分け用のゼリーを使うという方法もあります。膣内を酸性に傾ける女の子用とアルカリ性に傾ける男の子用があるので、医師に相談してみるとよいでしょう。

つまり、男女の産み分けに大きく影響しているのは排卵日だと言えます。膣内が酸性かアルカリ性かが最大のポイント。ですから、産み分けを考えている人は排卵日をしっかりと知っておくこと、そして予測に基づいてなかよしのタイミングを図ることが大切です。ただし、それでも思い通りになるとは限らないことは十分理解しておきましょう。