卵巣が痛い!生理痛とは違う危険な痛みとは!?


女性なら誰でも突然下腹部に痛みを感じたことがあるのではないでしょうか。例えば生理の前や生理中など、痛みの強弱はあるものの、下腹部がチクチクしたという経験があるはず。実は下腹部の痛みのほとんどは卵巣の痛みだと言われています。そこで「卵巣の痛み」に関わる痛みを詳しく見ていきましょう。

生理前の痛み

生理時の痛みは子宮が経血を外に出そうと収縮することで表れる現象。人によって痛みはさまざまで、全く感じない人もいれば、寝込んでしまう人もいるくらいです。痛みの種類もチクチクしたものからズシっと重い痛みまでさまざまです。

卵巣は左右に1つずつ

卵巣は左右に1つずつあります。排卵は左右交互に行われますので、生理痛もどちらか一方ではなく、毎回変わることが多いようです。左右交互の人もいれば、毎回同じ側だけが痛む人います。

生理後の痛みの原因

生理前、生理中の痛みは子宮の収縮によるものですが、生理が終わってしばらくしてから現れる痛みが排卵痛です。その痛みの原因は次の通りです。

・排卵する瞬間

卵子が飛び出す際、卵胞を突き破る時に痛みを感じる場合があります。もちろん、卵胞はごく小さいので痛みを感じない人もいます。これは排卵痛で、1日または2日ほどで治まりますので特に心配することはありません。長く続く場合は他に原因があるかもしれないので病院を受診しましょう。

・排卵後の出血

排卵時にはエストロゲンの分泌が低下します。それに伴って子宮内膜が剥がれる場合があります。ごくわずかな出血ではありますが、少しひきつるような痛みを感じる人もいます。

・排卵前の腫れ

卵巣内の卵胞が卵子を成熟されると卵胞は大きくな腫れたようになります。この腫れが痛みを招くのです。心配の必要はなく、腫れがひけば自然に痛みもなくなります。

生理前の痛みは妊娠の可能性あり

生理前に下腹部が痛む人は多いようですが、妊娠による痛みというケースもあるので注意が必要です。妊娠によって分泌が増える「HCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」が排卵後の黄体組織を刺激、さらにそれによりプロゲステロン、エストロゲンの女性ホルモンの分泌が促されます。もし妊娠していた場合は、ルテイン嚢胞ができますが、妊娠が進めば自然に消失するのが普通です。この嚢胞が大きくなった時に卵巣が腫れるために痛みを感じることがあるようです。また、受精卵が子宮に着床するときに軽い痛みがあり、これを「着床痛」と呼んでいます。ただ、この痛みが妊娠によるものなのか、卵巣の痛みなのかは判断が難しいのが現状です。ですから、痛みがあって生理も遅れている場合には念の為、検査薬を使ってみるとよいでしょう。

痛みが激しい時は迷わず受診

生理前後の卵巣の痛みは異常がなければ、放っておいても自然に治まっていくものがほとんどなので、それほど神経質になることはありません。けれども、やはり中には痛みの中に危険な病気が隠れているケースもあります。冷汗が出るような激しい痛みや吐き気があるときは迷わず婦人科を受診することをおすすめします。危険なものとしては、卵巣から出血する卵巣出血、卵巣炎、卵巣茎捻転、卵巣破裂、卵巣がんなど。取り返しがつかなくなる前に少しでも異常を感じた時は、すぐに受診しましょう。