無痛分娩は本当に安全なの?

出産時の痛みは何とも言い表せないような激しい痛み。例えば鼻の穴からスイカを出す、手の指を切断するようなものと例えられるほど、経験したこともような痛みです。そしして女性だから耐えられるけれど、男性なら間違いなく失神してしまうだろうとも言われています。そんな話を聞くと怖さと不安が募るのも当然でしょう。そこで選択肢として挙げられるのが「無痛分娩」。麻酔薬を使って痛みを和らげる出産方法で、日本でも取り入れている産婦人科が増えています。アメリカやフランスでは実に6割もの妊婦が利用しているとか。けれども、日本はまだ1割程度。しかも、無痛分娩中に異常事態に陥り死亡してしまったという事故も発生しています。そのため、利用したいけれど、本当に大丈夫なのか不安に思っている人も多いようですね。そこで今回は無痛分娩について詳しくご紹介したいと思います。

無痛分娩とは

麻酔を使用することで分娩時の痛みを軽減してお産をしやすくする方法です。これによって痛みが体を緊張させ、余計に痛みを感じやすくなることも抑えられます。無痛分娩で抑えられるのは陣痛、無理やり広げられる膣の痛み、会陰や外陰唇、肛門の圧迫感、会陰切開時の痛みなど。これらを総合的に和らげるというわけです。ただし、完全に痛みを取り去ることはできません。生理痛程度の痛みはありますし、個人差も大きいため、全く痛みを感じない人もいれば、我慢できる程度の痛みは感じたという人もいます。

無痛分娩の種類

無痛分娩には計画的なケースと自然に任せるケースがあります。

計画的無痛分娩

妊婦や胎児の状態に合わせて出産予定日を決めて分娩します。出産日が決まっていることで家族が立ち合いやすく、スケジュールの調整もしやすいというメリットがあります。流れとしては子宮口に風船のようものを入れ、陣痛促進剤を点滴で注入。子宮口が開いたらカテーテルを挿入し麻酔薬を投入。状態を見ながら麻酔薬の量を調整。

自然陣痛からの無痛分娩

自然に陣痛が始まったら入院。子宮口が広くのを待ってカテーテルを挿入しタイミングを見ながら陣痛促進剤を注入します。状態に合わせて麻酔薬を調整。ただし、お産が早く進んでしまい、カテーテルが間に合わない場合もありますし、麻酔を始めるまでは普通のお産同様の陣痛の痛みがあります。

無痛分娩中でも陣痛をお腹の張りとして感じることができるので、そのタイミングに合わせていきみます。タイミングがつかみにくい場合でも助産婦や医師がそばについていてくれるので安心です。もちろん、状態によって帝王切開に切り替わることがあることは認識しておくことが大事です。

無痛分娩後について

麻酔が切れると自然分娩の後と同じように子宮収縮の際の痛みを感じます。中にはこの後陣痛が激しく痛む人もいるのでひどい場合は痛み止めや点滴で対応します。また、出産後の授乳も自然分娩の場合と同じようにできます。

麻酔の種類

無痛分娩に使われる主な麻酔は2種類。

・硬膜外麻酔

最もよく使われる下半身麻酔です。腰の近くに注射し、針を入れてカテーテルを設置。つまり、体に残るのは細く柔らかいカテーテルだけなので妊婦さんはほとんど違和感なくリラックスできます。

静脈点滴

硬膜外麻酔が利用できない場合に使われる麻酔です。点滴によって静脈から医療用の麻酔薬を投入します。硬膜外麻酔が下半身だけの局所麻酔なのに対して静脈点滴は全身麻酔になりますので副作用のリスクは高くなります。また、胎児も眠くなったり呼吸が弱くなることもあります。

このように無痛分娩は体への負担が軽いので体力の回復が早いというメリットがある一方、微弱陣痛になりやすいというデメリットもあります。しっかりと医師の説明を受け、夫婦共に十分納得したうえで決めることが大切です。