妊活、妊娠中のお酒って本当にNGなの?

よく妊娠したらアルコールを控えるようにと言われていますね。普段からお酒を飲んでいた人には少し辛い忍耐が必要かもしれません。けれども、飲んだらどのような影響があるのか、妊娠と同時に全くお酒を飲めないのか、許容範囲はどれくらいなのか…などはっきりとわからないことが多いのが現状です。そこでお酒と妊娠の関係について詳しくご紹介しましょう。これを読めば少し安心できるかもしれませんよ。

アルコールが与える影響

妊活中

妊娠を望むならアルコールは控えるべき。はっきりとした根拠はありませんが、アルコールを制限することで月経困難症が緩和されたという事実もあるのです。月経困難症が緩和されることで排卵が促がされ、妊活へのよい影響が期待できます。

・妊娠中

特に胎児の身体のさまざまな器官が形成される妊娠初期のアルコール摂取は避けるのが賢明です。この時期のアルコール摂取は顔の形に影響すると言われています。また、中期や後期になると中枢神経障害や発達の遅れなどの影響が懸念されます。妊娠中はお母さんが食べたものや飲んだものが直接胎児に届きます。つまり、アルコールも胎盤を通って胎児に届けられてしまうのです。ワインなら175ml、日本酒ならグラス半分、ビールなら350mlを1日6杯以上で胎児の奇形リスクが高まります。さらにビール8杯以上では胎児アルコール症候群の発症率も5割増しになるそうです。

男性も控えるべし!

実は不妊に悩んでいるカップルや夫婦の約半数は男性側に原因があります。原因はさまざまですが、過剰にアルコールを摂取している男性は精子の動きが鈍かったり、奇形になったりする確率が高いことがわかっています。直接的にアルコール摂取が不妊につながることは解明されていませんが、飲酒が多いカップルの方が少ないカップルより妊娠確立が低いことが明らかになっているのです。つまり、妊娠を望むなら、男性もアルコールを控えて協力する必要があるというわけです。

アルコールを控えるのはいつまで?

では、いつまでお酒を控えればよいのでしょうか。男性側は女性が妊娠するまで。それに比べて女性の場合は妊活中はもちろん、妊娠中、出産後も母乳を飲ませている間は控えるべきです。長丁場になりますが、元気な赤ちゃんに会いたいなら我慢が必要です。

どれくらいまでOKなの?

妊娠中アルコールが絶対ダメというわけではありません。心配だからと完全に絶ってしまう人もいるようですが、そこまですることはないのです。一般的に妊娠初期は1日グラスに1~2杯、中期以降なら1日1杯ほど。これは上限なので毎日飲むわけではなく、時々飲む程度なら問題ないでしょう。

アルコールの意外な効果

妊活中、妊娠中、授乳中にアルコールを控えたほうがようことはわかりましたが、実は少量のアルコールには意外なメリットもあるのです。それは「リラックス効果」。好きなお酒を突然絶ってしまうことは相当なストレスになると考えられます。節度を持って適量を保って摂取すればストレスの緩和になり、お母さんの心も落ち着くでしょう。

これらのことから妊活、妊娠中の飲酒はできれば控えることが理想ですが、あまり神経質になりすぎず、ストレスを溜めないでリラックスして過ごすことが大切です。どうしても飲みたい時にはノンアルコール飲料を飲むとよいでしょう。最近は種類も豊富に出回っていますので、一時的なものと妥協して、上手に利用かるのがおすすめです。ただし、ノンアルコール飲料はアルコールの代わりに添加物が多く含まれていますので飲み過ぎはむくみを招くので適量を心がけるようにしましょう。