ホントのところ‥そもそも妊娠って何歳までできるの?

ひと昔前までは「30歳までに結婚して子どもを産んで…」という人生設計を立てている女性が多くいましたが、今は晩婚化の時代。早婚だと経済力という問題があり、晩婚だと不妊のリスクが高まります。どちらも女性にとっては大変悩みどころであり、一概にどちらがよいとは言えませんが、やはり子どもを複数人持ちたいと思っているのなら、リミットギリギリではなく、少しでも若いうちに出産するのが望ましいかもしれません。35歳を超えると高齢出産となり、出産に関するさまざまなリスクが高まるのはもちろん、肝心の卵子の老化により、妊娠しにくい状況に陥る可能性も高いのです。もちろん、個人差が大きいので、若くても不妊の人もいますが、高齢になればなるほど、その可能性は大きくなってしまうというわけです。そこで、そもそも女性は何歳まで出産できるのでしょうか。そんな気になる疑問を解消していきましょう。

高齢出産になる理由

35歳以上の高齢出産の女性は全体の1/4にものぼることがわかっています。つまり、4人に1人は35歳を過ぎて出産しているというわけ。女性の中には卵子の老化や加齢による不妊のリスクに対する認識が薄い人も多く、「生理がある間は妊娠できるでしょ」と軽く考えている人も少なくないのです。また、男性と女性では出産に対する意識の違いが関係しているとも言われています。そもそも男性の生殖機能の減退は緩やかで女性のように顕著ではありません。そのため、タイムリミットの認識が軽く、女性がいくら必死になっても男性側が非協力的なケースも多いのです。

不妊治療が可能なのはいつまで?

生理がある間は排卵が行われている証拠ですから妊娠できる可能性があります。たとえ40歳を過ぎても排卵さえしていれば妊娠できるかもしれません。ただし、それは形式上のことであり、実際には卵巣の機能や女性ホルモンの分泌は38歳を過ぎると急激に衰えてしまうのです。ですから、婦人科では「不妊治療をするなら37歳までに」と言う医師が多かったようです。実際に40歳を超えると体外受精の成功率もグンと減ってしまうというわけです。そして、45歳になると不妊治療をしても妊娠できる確率はほぼゼロとなります。万が一妊娠したとしても流産してしまうか、出産には至らないケースがほとんどです。こうして考えると45歳が妊娠のボーダーラインだと言えるでしょう。

高齢出産と流産

流産自体は珍しいものではなく、年齢に関係なくみられる現象です。ただし、高齢出産になるとそのリスクが一気に高まるのは事実です。35歳では2割、40歳では4割、42歳では5割。原因は卵子の老化による染色体異常です。さらに流産のリスクに加えてダウン症などの染色体異常の子どもが生まれる確率も高まります。また、うまく妊娠が継続できたとしても胎盤からの糖の代謝を低下させるホルモンが分泌される妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群、前置胎盤、胎盤早期剥離、帝王切開などが発症する可能性もあるのです。

このように妊娠、不妊治療のタイムリミットを考えるとたとえ経済力がなくても少しでも若いうちに1人目を出産したほうがよいのかもしれませんね。