新技術!排卵日検知ブレスレット「Ava」とは!?

mark_ninpu妊娠を望む人もそうでない人にとっても、非常に画期的な商品が発売されました。その名も「Ava(エイバ)」。世界初のウェアラブル排卵期トラッカーで約89%の確率で妊娠可能期間、つまり排卵期を教えてくれるというブレスレットです。アメリカではすでに話題になっており、「ピル以来の素晴らしい発明」と言われています。そんな画期的な商品について詳しくご紹介しましょう。

  • 「Ava」ってどんなもの?

このブレスレットはエイバが開発したもので、取り付けられたセンサーが就寝中にデータを収集して排卵期を検知します。毎日手首に付けて寝るだけで、脈拍、体温、心拍数、呼吸数、生体インピーダンスなどを測定し、目覚めた時にスマートフォンに接続。それらのデータを専用アプリが分析し、排卵日を導き出すというしくみです。一見するとアップルウォッチに似たスマートな形状なので違和感なくつけられます。

  • 価格

AvaはFDA(アメリカ食品医薬品局)も認めている排卵日トラッカーです。現在のところ、価格は199ドル(約2万円)ほどで、医師の処方がなくても購入できます。89%の高い確率で排卵日がわかれば、妊娠がしやすくなることは間違いありません。また、避妊にも大いに役立つでしょう。

  • 健康体でも妊娠の可能性は25%

メーカーによると女性の妊娠可能期間は1ヵ月に6日ほどですが、実際に妊娠できるのはそのうちの3日程度。健康体で20代前半の若いカップルが避妊をしない場合でも月経1周期の中で妊娠する可能性は25%だというのですから、いかに自然妊娠が難しいかがわかります。

  • 「Ava」への期待

今までは妊娠したいと思った時には、数ヵ月基礎体温を測り、自分の排卵期を予測することから始めるのが一般的でした。ですから、妊娠までに時間がかかっていましたが、このブレスレットを使えば自分で基礎体温を測るよりも、より正確に妊娠可能期間がわかるので、妊娠の実現までにかかる時間がかなり短縮できるのです。今後の不妊治療や妊活の場での活躍が期待できます。