妊娠一覧

流産が3回続いたら「子宮頸管無力症」かも!

不妊治療を乗り越え、せっかく妊娠したのに残念ながら流産してしまうことも少なくありません。流産にはさまざまな要因があり、人それぞれ異なりますが、何度も繰り返す場合は「子宮頸管無力症」かもしれません。あまり聞きなれない名前ですが、流産が続いてよくよく調べてみたらそうだったというケースもあるようです。そこで子宮頸管無力症について詳しくご紹介しましょう。 子宮頸管無力症とは? 子宮頚管は、子宮...

冷えが妊娠を遠ざける!?妊活女性の10人に1人は低体温!

多くの女性が抱えている身体の悩み…「冷え」。女性は男性に比べて筋肉が少ないのでより冷えに陥りやすいのが現状です。昔から身体を冷やすことは様々なトラブルを招くことはよく知られていますが、特に妊娠においては冷えを解消することが妊娠への近道とさえ言われているのです。それだけ、冷えと妊娠は深い関係があるというわけです。そこで冷えが妊活に及ぼす影響や改善したほうがいい理由、対策などを詳しく見ていきましょう。...

赤ちゃんが欲しい人必見!絶対に守りたい5つのこと

一生懸命妊活しているのになかなか赤ちゃんが授からず、不安になったり、諦めかけたり…また頑張ろうと思ったり…。焦る気持ちは仕方がありませんが、もしかしたら、妊活の前に基本的な部分が間違っているのかもしれません。そこで、妊娠したい人に必ず守ってほしい具体的な5つのことをご紹介したいと思います。当たり前のようで意外に守られていないこともあるので自分と照らし合わせてチェックしてみてくださいね。 ...

妊活にはコレ!よもぎ蒸しで子宮がポカポカ!

なかなか妊娠しにくい原因の1つに「冷え」があります。皮下脂肪が多い女性はどうしても冷え性になりやすく、それが不妊を招く場合もあるのです。そして、冷えは子宮まで冷やしてしまうため、妊娠しづらくなってしまうというわけです。そこで子宮を温めて妊娠しやすい環境を作ると期待されているのが“よもぎ蒸し”。数年前から注目を集めているよもぎ蒸しは冷えの改善はもちろん、妊娠しやすい子宮に導いてくれると言われています...

妊活ヨガ!5つのおすすめポーズはこれ!

妊娠しやすい身体づくりにはいろいろな方法があります。たとえば、食生活や生活習慣の見直し、十分な睡眠、ストレスを溜めないことなど。中でも子宮や卵巣など女性特有の機能を活性化させる効果が期待できることから妊活中の女性に注目されているのが「ヨガ」です。そこで、妊活ヨガの効果やおすすめのポーズについてご紹介しましょう。 妊活ヨガとは ヨガとはもともと病気ではないけれど身体の不調を改善するこ...

妊活するなら“夏”以外!その納得の理由とは?

妊活は年中無休だと思っている人も多いと思いますが、実は春夏秋冬の中にあまりおすすめできない季節があるのです。妊活には健康な体が不可欠ですが、それを脅かす季節…それは「夏」。そこで、なぜ夏は注意が必要なのか、またどんなことに気をつければよいのか、探ってみましょう。 ■    妊活に身体の冷えは厳禁! 暑い夏はただでさえ、エアコンをつけるため、身体が冷えやすい状況ですが、さらにどう...

成人女性の4人に1人!子宮筋腫が妊娠を妨げる!?

年々増え続ける女性特有の病気「子宮筋腫」。その割合は成人女性の4人に1人とも言われており、特に30代から40代の女性に多く見られます。子宮筋腫に遺伝性はなく、その原因についてははっきりと解明されていません。ただ、閉経とともに小さくなることから女性ホルモンのエストロゲンが筋腫の成長に大きく関わっていると言われています。そして、この子宮筋腫が妊活にも影響を及ぼしているのです。そこで、子宮筋腫と妊娠の関...

妊娠したいなら肥満をストップ!肥満が与える影響とは?

不妊の原因はさまざまですが、よく言われるのは晩婚化や卵子の老化などでしょう。けれども、肥満が妊娠に悪影響を及ぼすことがわかってきました。意外に知られていませんが、肥満を放っておくと将来妊娠しにくくなるかもしれませんし、妊活の妨げになる可能性もあるのです。そこで、肥満と妊娠、不妊との関係について詳しくみていきましょう。 肥満の定義 一口に肥満と言ってもただ見た目に太っているだ...

妊活女性必見!食べてはいけない7つの食品とは!?

妊活中は、バランスのよい食事を心がけるようにというのが常識ですが、実は中にはあまり食べないほうがよい食品もあるのです。驚かれる人も多いかもしれませんが、口にする食品に少し気をつけるだけで、妊娠がグッと近づくかもしれません。そこで、避けたい食品について詳しくご紹介しましょう。 1 生肉 生の肉には、トキソプラズマという菌が付着していることが多く、妊婦が感染すると、生まれてくる子供...

排卵日以外でも妊娠できるってホント!?その3つのタイミングとは?

ほとんどの人は妊娠は排卵日にするのだと思っているはず。そのため、基礎体温を測って排卵日を確認し、そこにタイミングを合わせていることでしょう。そして、そのタイミングを逃した場合はすぐに諦めていると思われますが、実際には、排卵日以外でも妊娠する可能性はあるのです。そこで、排卵と妊娠について詳しくみていきましょう。 そもそも排卵日に妊娠する可能性はどれくらいなの? 排卵時に卵子が...